うつ病と障害年金の関係とは

病気で働くことが出来なくなった人の為に、色々な費用を補助する目的で障害年金と言うものがあります。
※「国民年金」と「厚生年金」によって少し違いはあります。
※基本的な考えは同じと言えます。
※うつ病の症状を訴える人の場合も障害年金の受給が行われています。
※もちろん、うつ病の症状の程度で障害年金の金額が変わります。
そこで次に、厚生労働省が示している年金の認定基準を見てみましょう。
うつ病は、気分障害です。
または「感情障害」とも呼ばれています。
そんな区分となります。
<障害の度合いについて><1級について>一番重い障害です。
高度の気分、食欲とか行動の障害および高度の思考障害の病相期があります。
かつ、これが持続したりします。
また、ひんぱんに繰り返したりします。
そのため、常時の介護が必要なものとあります。
言い換えると、つまり、うつ病になって、一人での日常生活が困難になります。
そう言うことです。
うつ病の患者を持つ家族は、収入減が経たれるだけではありません。
(汗) こうなるとかなり大変ですよね。
<障害年金について><うつ病における障害年金の支給について>これはその症状の判定が難しいと言う問題があります。
何故かと言うと、多くのうつ病患者が症状の改善と悪化を繰り返します。
症状の経過、および日常生活の状態を考慮することです。
<年金の申請について>※本人の生活状況について、家族に対するアンケートがあります。
これが等級判定の参考になります。
生命保険必要ない?入ってない理由【お金の無駄なの?】