看護師の非正規雇用って?

看護師は非正規雇用でアルバイトとかパートで仕事をすることもあるのです。
その時、大事になってくるのが時間給です。
パートやアルバイトの看護師は正規雇用と比べた時待遇が良くないことが多々ありますので、せめて時給を高くしてくれなければ労働意欲が下がります。
なるだけ、時給が安いより高いほうがいいですよね。
このまま高齢者の増加が進み、福祉の現場での看護師の重要性は増加する一方です。
ましてや大きな企業になるとなんと医務室に看護師さんをおいていて、健康面やメンタル面における相談についてのケアをしています。
こんなときには、社員として入社するということもあり得るでしょう。
看護師として働く時、他に比べて、楽だといわれているのが、外来の勤務形態です。
もちろん、人命を預かるということでの責任は違いはありませんが、夜勤に出る必要がない、割と休みをとりやすいなどといった理由で外来勤務を選びたい人も増えています。
看護師が転職を成功するためには、これから先のことを考えて早い段階で行動を起こしておくことが大切です。
それだけでなく、何がポイントであるかを決定的にしておいた方がいいでしょう。
将来どんな風になりたいのかを明らかにして、その将来の展望に合った転職先の情報を少しずつ収集してください。
年収、職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も考慮しておきましょう。
全国において、看護師の年収は平均して437万円くらいです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円くらいになります。
公務員看護師は給料の上昇する率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。

正看護師のパート・アルバイトとは?