銀行キャッシングは有利に契約できる

一般的に銀行でキャッキングをすると有利に契約ができると言われています。
同じ条件であれば金利が低いですし、多くの場合コンビニATM手数料などが無料のため利便性が高いのです。
しかし、その反面として銀行は顧客を選ぶ傾向にあります。
大企業の正社員や公務員の方であれば、年収の3分の1と言う貸金業法の融資規制以上の融資枠をゲットできる可能性が高いです。
しかし、一般に収入が不安定であると言われるアルバイトや派遣の仕事をしている人はどうしても融資限度額が低くなりがちです。
銀行によっては過去の取引実績などを見て融資限度額を上げてくれることもありますが、一般的に正社員でない人の融資限度額は低くされがちです。
キャッシング利息と融資限度額は反比例しますから、かえって不利になることが多いのです。
アコムマスターカード勤務先在籍確認