住宅ローン金利の動向は?

住宅ローンの金利が安い状況が続いている中、2014年のとして7月に劇的な変化が見られたことがあります。それは、多くの方が考えてもみなかったフラット35の金利がさらに安くなったことです。以前には、このフラット35の金利は2パーセントを切ることがなかったものの、この7月に入ってからは、住宅ローンの金利が1パーセント台となり、過去、住宅金融国庫時代と同じ金利をたたきだしました。このような安い金利でフラット35を利用することが出来るとなれば、多くの方がこのフラット35に目を向けるはずです。大手銀行の住宅ローンも魅力的ではありますが、35年間同じ金利を続けることが保障されているフラット35は、今後度のような時代になるのかわからない見通しの悪い時代にとって、ありがたい存在になります。