フラット35審査に生命保険は関係ある?

民間銀行の住宅ローンでは団体信用生命保険の加入は不可欠なので、加入できないと住宅ローンは受け付けてもらえません。
しかし、フラット35には団体信用生命保険の加入は義務付けられていませんから、民間銀行の住宅ローンの申し込みを断られた人でもフラット35の審査を受けることができます。
フラット35でも団体信用生命保険は取り扱っていますが、オプション特約なので別途料金がかかってしまいます。
保険料は民間の住宅ローンでは無料(利子に加算)ですが、フラット35の場合は1000万円の借り入れにつき35.
800円が年に1回請求されます。
通常は1000万円では住宅は購入できませんから、この数倍の出費がかかることになります。
フラット35は審査に通りやすい?甘い住宅ローン!【おすすめ銀行は?】